2012年10月19日金曜日

ふじ日記/20分間。







 毛布ケトばしたその先、1時間も前にしごとを止めた加湿器の上の目覚ましに当たって、がちゃんときっちりバラバラになった。裏蓋を踏んで飛び上がったら、その勢いで風呂に直行する。伸びた髭を何枚羽かしらんT字で剃り上げ、眉にちらほらする白髪を適当に抜く。鼻歌はニール・ヤングのOld Manで、この時いつも考えているのは何を着ていくかだ。

 丸裸に鼻をすすり上げながら昨晩の残滓をソファに見つける。脱ぎ散らかした服を仕舞いながら今度は冷蔵庫の中身を考える。ベッドサイドの網戸ががたがた揺れる。温かさの残る寝間着に袖を通して湯を沸かし、梨を剥き、レタスとルッコラを洗った。今日のスケジュールを目玉焼きに蓋をして考える。牛ノ戸焼の染め分けに吸い物の粉を溶かして湯を注ぎ、32になってようやく日課になった朝食を窓際で食べ始めた。

 ベランダの屋根と向かいのマンションの間から、雲の割合を確認してもう一度服を考える。机に鷲掴みのかたちのまま置いてある、さっきまでしていたデニムの前掛けを見て、nostaのデニムセットアップを着ている自分が頭に浮かぶ。静かな部屋にmiracoの壁掛けが刻む音が聞こえてきた。時間が早まった会議があることに気がついて、服を着込んで頭にグリースを塗り込み部屋を飛び出した20分間の今朝のお話を、たった今20分で書いた。


 部屋には脱ぎ散らかした寝間着と洗い物、喉を渇かした植物。いつものメンツが、今晩も僕の帰りを待っている。
(10.19)




all Photo & Text by K.Fujimoto




0 件のコメント:

コメントを投稿